教育・研修システム

皆様より信頼されること、地域医療を支えていくこと。そのために、これからも常に学んでいくこと。

薬剤師の教育・研修システム

薬剤師の教育・研修システムイメージ

1.新人薬剤師を対象とする勉強会

初年度、新人薬剤師には社内講師(薬剤師・医師)による基礎及び各論の勉強会が用意されています。新人集合研修を更に掘り下げた内容で、特に調剤・鑑査・投薬に欠かせない知識の習得を目指します。

2.調剤勉強会

月1回、製薬会社より講師を招き、最新の薬剤およびそれにまつわる治験やデータに関する勉強会を行います。毎回、製薬会社の担当者にしか聞くことができない活発な質疑応答が行われています。


3.自己研修

インターネットを介した学習(e-ラーニング等)を勧めています。基礎〜最新の病態・薬局業務に関する内容などを個々の自由な時間に学ぶことができます。

4.認定薬剤師

薬剤師会主催の研修会、社内研修会への出席。自己研修などをすすめることにより認定薬剤師取得を手助けしています。

5.指導薬剤師の養成

地域の薬剤師会と協力して学生の実習を指導できる薬剤師の養成にも力を入れています。愛知県薬剤師会の主催する研究会の情報をいち早く入手し、所属薬剤師には積極的に参加してもらい、指導に関する知識のブラッシュアップを常に行っています。

教育・研修システムの主な流れ(薬剤師)

スタッフの教育・研修システム

1.登録販売士養成支援

インターネットを介した自己研修を用意しています(e-ラーニング)。登録販売士試験対策だけでなく、実際の業務に役立つ、より高度な商品知識を得ることができます。

2.昇格制度

規定の勤続年数を満たし、実務実行能力および知識があるとして店長より推薦を受け、社内試験をパスする事によりメディカルスタッフ、更にはチーフメディカルへと昇格するシステムがあります。特にチーフメディカルは薬局内の様々な責任ある業務を担当し、薬局運営に欠かせない存在です。

教育・研修システムの主な流れ(スタッフ)
  • ドラック事業部
  • 調剤事業部
  • 在宅医療部
  • リクルート
  • ヘルスバンク 健康ガイド
  • 店舗(拠点)のご案内
  • マイナビ2019